<< BRUSH君の好きな事 | top | swimming >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

【6】 約束

JUGEMテーマ:先生に恋
JUGEMテーマ:高校生
JUGEMテーマ:恋の話

「先生!! 今度 先生のうちに遊び行ってもいい?」

(いきなり なに言っちゃってるの!!!!!)

「作品 見せてもらいたいなぁ〜 ♥」
女子高生の甘え攻撃だ・・・・

「ネコも飼ってるんだよねぇ〜?」
「あたし 猫大好き!! 会いたぁ〜い!!」
「先生のうち 立川だよねぇ〜 中央線で行けばいいんだよねぇ〜」


本当に こう言う時の団結力って もの凄い
まるでシナリオが あるように
次から次へと 皆の話が流れていく

(ちょ・ちょっと だ・大丈夫?)
(まぁ〜黙ってなさいって)

「あぁ いいですよ 皆で日にちと時間を合わせて 空いてる日を話し合って決めたら言って下さい」
「僕の予定が入ってない日なら いつでもいいですよ」

手帳を取り出して スケジュールを確認する先生は
本当に真面目
年季の入った革の手帳が 先生らしい・・・

「じゃ〜 今週の日曜日!!!」
(えぇ〜!!! いきなりもいきなり過ぎ)
(こう言う時は 間髪入れずに進めないと 立ち消えする可能性大だからね)


「あぁ〜 その日は ごめんなさい個展のお手伝いが入ってますねぇ〜」

「それじゃ〜 次の日曜日!!」

「いいですよ 皆の予定は大丈夫ですか?」

「大丈夫 大丈夫」
(かなり いい加減だ)

やっと 先生から 女子の群れが離れて

私は ドキドキとワクワクが混乱して
突然こんな 展開になるなんて

ユミが・・・・
「さぁ〜 何着て行くかなぁ〜? 楽しみだねぇ〜新しい服買いに行く?」
「う・うん そうだね」

「感謝しなさいよ!!」
・・・・背中を押された 

と同時に 心の何かもポンと押された感じだった

皆 ありがとう・・・・



SUZY | 恋愛小説 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 10:51 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS