<< ダーリンの誕生日 | top | 今日は ダラダラ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

【5】 秘密

JUGEMテーマ:先生に恋
JUGEMテーマ:恋愛小説
JUGEMテーマ:高校生
JUGEMテーマ:恋の話

毎日が 課題制作の嵐
それでも 自分の好きな事だから 
夢を 追って
何もかもに 夢中になって

絵本作家 イラストレーターになる事が 将来の夢

小さいころから
絵を描く事や工作 

作りだす事だったら
何でも 大好き!!!



「毎日 楽しそうで いいねぇ〜」 
「ねぇ〜ねぇ〜 その後 先生との進展 どうなったぁ?」

「毎日 楽しく話してますよぉ〜!!」

「もぉ〜 そう言うことじゃなくってさぁ〜」

「ほら・・・事件ぽい は・な・し だよ」

この話になると 皆が集まる
 
「先生の事 色々 知ったって感じぃ〜?」
「怪しい 出来事は?」
「こっそり 放課後 キスしちゃったとかぁ〜」

「もぉ〜 そんなこと 出来るわけないじゃん」
「そうさねぇ〜 話してると ドキドキもするし 楽しいし・・・」

「そんなこと 聞いてないし なんだぁ〜 つまんない!」
「次の状態になったら 速! 話聞かせてねぇ〜」って

ニヤニヤしてる


私は 先生のそばにいれるだけで うれしくって ドキドキしてたし
それ以上の事が 実際 かなうなんて・・・・・
この時は あり得ないと思ってた 


大好きだし うれしいし 最高だけど
魅惑で怪しい 秘密な感じ
皆は 面白がってるけど
私は 案外 真剣だった

毎日 学校来るのが 楽しくって
ドキドキして
この甘酸っぱい 胸が苦しくなる気持ち

壊したくない!

普通の恋愛みたいに
気持ちを 確かめたり
触れてみたかったり
そんな気持ちは いっぱいだよ
だけど・・・・・

そんな事したら
全部 なくなっちゃう 気がする

でも 私・・・・
先生が 大好き過ぎて どうにかなりそうだよ

そんなこと 言えない
言ったら 話してもらえなくなる?




けど・・・・そんな空間を 壊し始めたのは
先生の方からだった



            
           ***




いつもの様に 制作に夢中になってる私
いつもの様に 私を見つける先生
いつもの様に たわいもない 楽しいおしゃべり
いつもの様に ・・・・・・

・・・・・・・いつもと違って

突然 先生が そっと私に 
いつもより もっともっと 近づいて

こっそり 耳元で 

まるで 小さい子が 無邪気に言うように

「大事にしてるんだ」って

ズボンのポケットから 定期入れみたいなのを出して
私に こっそり 見せた・・・・・

私の薬指の指輪 つけてるの
チョンと 人差し指で触れて

「僕は つけられないからさ」

そこには 私がプレゼントした あの指輪があった

私は ボーっとして 何も答えられない

先生 どう言う意味?

これだけで もうどうにか なりそうだよ
何て 言ったらいいのか 分からない
頭混乱だよ

私の横には 笑顔で 先生が立っている


そして・・・

「毎日 身につけてるのは 一緒でしょ」

なんで そんな事 普通にやさしくい言えちゃうの?
私は どう答えればいいの?
ねぇ 先生 冗談なの?

・・・・・・でも 今 こっそり だったよねぇ〜?

これって・・・・・ 

先生との 秘密が出来た





  
 














 
 

 
SUZY | 恋愛小説 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 09:14 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS